トップ  >  研修生のはなし  >  研修生のはなし

 研修生のはなし

 

アジア各地で活躍する、AHI研修生たち

 

1980年から30年以上、

AHIは アジアの様々な国から

600名を超える研修生を招いてきました。

 

そんな研修生とはどんな人で、

どんなことをしていて、

そして研修によってどう変わったのか。

 

研修生一人ひとりに焦点を当てて

紹介していきます。

 

 

カンナロさん

カンナロさんの願い

国名:カンボジア

名前:カンナロさん

70年代のポル・ポト政権下、虐殺などにより170~200万人が亡くなったといわれる力ンボジア。

30年を経た今も、人びとは過去の記憶に苦しんでいます。

その中で、ケップ・カンナロさんは、日々の生活から平和への意識を高めようと努めています。

続きはこちら 

デデットさん

バシラン島で平和をつくり出す人たち

国名:フィリピン

名前:デデットさん

政府軍とモロ・イスラム解放戦線との衝突や

身代金を目的とした人質事件が続くフィリピン・サンボアンガ・バシラン地域 。

そんな中で、平和のために働く人たち。

 

 

続きはこちら

   
   
   
   
   
   
   
   
   

 

 

「アジアの子ども」編集委員募集中!

知識、経験がなくても大歓迎です。

力を合わせて、作り上げましょう!

詳しくはこちらからお問い合わせください。

 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
研修生のはなし
次
【2015年国際研修】バブ・ベンカシュ(ボブ)さん :ANITRA